ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

はちにさされたら何を行うべきでしょうか?

はちには危険な蜂がいて、危険度は異なりますが、もし、はちにさされたら、適切な対応をして休みます。対応はどのように行えば一番よいのでしょうか。
蜂によって、蜂の毒性は異なりますが、はちにさされたら、何もしないとそのまま命にかかわるような出来事が起こると大変です。刺された部分が腫れ、その腫れが数時間でひいてきた時には、そのままでそっとしておいてよいです。様子が違う、気分が悪いような時には、蜂に刺された場所から毒が体中にまわって危険でショックを起こすこともあります。医療機関に行く必要があります。はちにさされたら注意して様子を見る必要があります。
もし、スズメバチのような毒性の強いはちにさされたら、その場からすぐに遠くへ移動します。毒が体の中にまわらないようにするため、ハチの針があるようならば、そっと手で取り除きます。毒は水に弱いので、流水で腫れた部分を洗い、毒を外に出します。さされたところを冷やすようにすると良いです。
はちにさされたら危険ですので、身近な場所などに巣があるとわかった場合は、巣が小さいうちに駆除をすることが大切です。はちの駆除は、ハチ駆除のプロに安全に駆除をお願いすることが大切です。