ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

もしもハチに刺された経験があるのなら

ハチ被害の代表的なものが、アナフィラキシーショックです。アナフィラキシーショックとは、全身性のアレルギー症状の中でも、特に危険な状態の事を言います。ハチに刺されてしまいますと、体内に蜂毒への抗体が生まれることがあります。その抗体が過剰に反応することで、この症状を発症してしまうわけです。しかし、この抗体は必ず作られるわけではありません。自分がアナフィラキシーショックを起こしやすい体質になっているのか否か、どのように調べれば良いのでしょうか。
まず、医療機関の皮膚科で診てもらうようにしましょう。調査方法には、大きく分けて「皮膚検査」と「血液検査」とがあります。例えば皮膚検査にはスクラッチテストと言うものがあり、蜂毒を垂らした皮膚を軽く引っ掻くことでその反応を調べます。血液検査では、採取した血液内に含まれる抗体の量を測定します。
もしも、検査の結果抗体があると判明したらどうすればいいのでしょうか。その対処方法も、大きく二種類に分けられます。一つ目は「対処療法」と呼ばれるもので、アドレナリン自己注射薬を投与することでアナフィラキシーショックの症状を和らげます。二つ目は「根本的治療」と呼ばれるもので、長い時間をかけて蜂毒への反応に体を慣らすことで、症状の発生を抑えるものです。自分の体の状態を知ることは、ハチ対策にも有効なことです。しかし、やはりハチには刺されないことが一番です。もしも危険なハチの巣を見つけましたら、速やかにハチ駆除をご依頼ください。