ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

スズメバチの一生

スズメバチは毎年発生し我々に様々な被害を与えるので、悩みの種になっていますが、一部の蜂以外は冬に死んでしまうのはご存じですか?冬に冬眠をおこなうスズメバチは次の年に女王蜂になる者だけなのです。今回はスズメバチの一生について少し紹介したいと思います。 春になると越冬を終えた女王蜂が安全な場所を見つけて巣作りを開始します。巣がある程度完成するまでは産卵行為は行わず女王蜂一人で作業を行います。この頃にスズメバチの巣を発見できた場合は非常に安全に駆除が行えるので運がいいと言えるでしょう。理由は女王蜂のみで作業を行っている期間は危険を感じると巣を捨てて逃げていくので空っぽになった巣を取り除くだけで済みます。しかし、詳しい知識がないと現状巣がどのような状態になっているか判断できませんので、巣が小さいからといって油断するのは危険です。その後巣がある程度完成すると女王蜂は産卵を行い働き蜂が生まれます。働き蜂が生まれると女王蜂は産卵に集中します。ここから徐々に蜂の数も増えていくので危険度が増していきます。そして、次の女王蜂を産み育てていくのです。 無事女王蜂が育つと以前の女王蜂を含め他の蜂達は死んでしまいます。残った女王蜂は冬眠し春を待つのです。 スズメバチは基本的にこのようなサイクルで生活しています。スズメバチの巣は早期発見できれば簡単に取り除く事ができますが、6月頃になるとすでに働き蜂が生まれている可能性が高いので、スズメバチの巣を発見したときはハチ駆除のプロに相談することをおすすめします。