ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

スズメバチの生態について

スズメバチの被害が起きていることはテレビなどで知っているという人は多いかと思いますが、一体スズメバチとはどのようなハチなのでしょうか。日本にはスズメバチの仲間のハチが多く生息していて、スズメバチでは世界最大のオオスズメバチのほかキイロスズメバチ、チャイロスズメバチ、コガタスズメバチなどがみられます。スズメバチはミツバチやアシナガバチのような他のハチよりも体が大きいのが特徴で、キイロスズメバチだと2センチほど、オオスズメバチの場合は最大4センチほどの大きさとなります。体が大きいだけでなく力も強いので、スズメバチは巣の中の幼虫やさなぎを求めて、ミツバチなど自分より小さなハチの巣をよく襲っています。スズメバチの武器となるのは強力なアゴとお尻についている毒針です。これらの武器を使ってさまざまな虫を殺して巣に持ち帰っています。スズメバチは警戒心が非常に強いハチなので、巣に近づくものには容赦なく攻撃を行なうのが大きな特徴のため、多くの人がスズメバチの巣の存在に気づかず、近づいて刺されてしまいます。ミツバチは人を刺すと死んでしまいますが、スズメバチは毒針を何度でも出し入れできる構造になっているので、一度だけでなく何度も刺してくることは珍しくありません。このように、スズメバチはとても危険な生態のハチだということがわかります。スズメバチに困ったときは業者にまず相談するようにしましょう。