ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

ハチの習性

ハチには、広腰亜目と細腰亜目の2種類が存在します。違いは腰がくびれているかそうでないかの違いです。このうち人間を刺すことがあるのは細腰亜目のメスだけです。さらに細腰亜目のハチの中でも単独行動するものと、巣を作り女王蜂を中心とし集団行動をするものに分かれています。スズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどよく知られているハチは、集団行動をする細腰亜目に分類されます。 ハチの被害の多くはこの集団行動をするハチによるものです。ハチが攻撃する理由の1つは近づいてきた人間から巣を守るためです。とくに繁殖の最盛期になるとその凶暴性は最も強くなります。一方で単独行動型のハチは基本的にはおとなしく、こちらから手を出さなければ刺してくることは殆どありません。クマバチやコバチなどはこの単独行動型に含まれます。 集団行動型のハチの中でも特に被害が多いスズメバチの攻撃対象は基本的に3つに限られており、内2つは人間が餌場や巣に近づくことで的とみなし攻撃してくるというものです。ハチは全般的に視力が低いため、目印になる黒や赤、青のように濃い色に対しとくに攻撃性を強めます。スズメバチの場合特にこの傾向に顕著です。市販品でハチ駆除用のスプレーなどもありますが、むやみに手を出すことでかえって被害にあってしまうこともあります。ハチの巣を見つけた場合、ハチやハチの巣が駆除されるまでは必要以上に巣に近づかない、濃い色の服装を控えるなどしてなるべくハチの被害にあいにくくすることが大切です。