ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

人々を脅かす蜂の実態

春から秋頃まで活動する蜂。世界でなんと10万種以上も種類があると言われています。日本だけでも様々な種類の蜂が生息し、私たちの生活を脅かす存在となっています。弱い蜂から強い蜂まで様々ですが、どの蜂も共通しているのが、女王蜂を中心とし働き蜂たちが集団で生活を送っているということです。外敵が近づいたり攻撃してきたと蜂たちが認識すれば攻撃態勢に入ります。また、よくあるケースで洗濯物の衣類や布団の中に蜂が潜り込んでおり気づかないで刺されてしまうといったものがあります。今回は、日本で一般的な蜂の種類について見ていきましょう。まず、よく知られるオオスズメバチ。スズメバチ科の中でも最も大きい蜂がこの蜂です。オオスズメバチは軒下や木の枝に巣を作り活動します。このオオスズメバチによる危害で死亡する人は年間平均なんと30名以上にも及びます。オオスズメバチは最も凶暴に加え縄張り意識も格段に強いので最善の注意を払うべきと言えるでしょう。次に多いのがアシナガバチです。この蜂はオオスズメバチほど危険な蜂ではないのですが、こちらが危害を加えれば襲ってきます。刺されてしまえばアナフィラキシーショックを起こしてしまう可能性もあるので、軒先などで巣を見つけた場合には注意を払い駆除しなければなりません。スズメバチ、ミツバチに比べ巣穴の数が少なく小規模な巣を作るので判断がしやすいです。しかし、知識なしでその巣を駆除しても生き残った蜂がまた巣を作り上げる可能性が極めて高いので、徹底した駆除をする為にハチ駆除の業者に依頼することをお勧めします。またどこに巣を作っているか判断できない場合は業者に依頼をし、大体あの辺にいるという予測だけでも伝えましょう。子供たちや自分たちの身を守るため蜂への正しい知識を持ち、見つけても決して近寄らず、まずは当サイトにご遠慮なくご相談ください。