ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

刺された時は?

7月に入り、本格的な夏の到来となりました。そして、夏といえばハチ。この時期に活発に活動するハチは、攻撃的になっていることが多く、刺されてしまうリスクが高くなっています。ハチに刺されたら痛いだけでは済まないことがあり、最悪の展開にいたることもあるでしょう。ですから、前もってハチに刺された時の対処法を知っておき、備えておくことが大切です。今回は、ハチ毒の恐怖とともに対処法をご紹介します。ハチには、幾つかの種類があり、毒性や攻撃性といった生態に違いがあります。しかし、共通することは刺されれば痛いということです。ハチに刺されることで、毒性物質が体内に入るために痛みやかゆみ、腫れと言った症状が引き起こされます。毒の成分については、種類によって異なりますが、大きく分けて4つの成分に分類でき、「アミン類」や「神経毒」が含まれています。何より恐ろしいのがハチ毒アレルギーによる「アナフィラキシーショック」であり、呼吸困難や意識障害などを発症し、事と次第によっては死にいたる症状です。刺されてから10分から15分ほどで発症すると言われており、迅速な対応が求められます。ハチに刺されたらまずは、速やかにその場を離れます。姿勢を低く保ち、ゆっくりと離れることでハチを刺激することなく移動することができるでしょう。安全な場所へ移動したら、傷口を流水で洗い、毒を絞り出します。毒針が残っている場合は、横に払うようにして針を振り落としましょう。当然ですが、口で毒を吸いだしてはいけません。そして、可能であれば薬を塗り、安静にします。アナフィラキシーショックの対策も怠ってはいけません。先述の対応が終わったら、アドレナリンの自己注射や医療機関を利用しましょう。難しいようでしたら悩まずに救急車をご利用ください。また、ショック体位と呼ばれる足側を高くする姿勢で、嘔吐による気道の詰まりを防ぐため、顔は横に向けておくと良いでしょう。ご自身でのハチ駆除を試みる際には、十分にご注意ください。