ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

厄介者のオオスズメバチ

夏の盛りが過ぎ、私たち人間にとって過ごしやすい季節になりつつあります。しかしこの時期はハチ被害の件数が年間を通しても最も多い時期ですので注意しましょう。さて、ハチ被害をもたらす代表的なハチがスズメバチです。一口にスズメバチと言っても、都市部に順応したキイロスズメバチや、近年増殖が懸念されているツマアカスズメバチなど様々な種類がいます。その中でも、特に危険性の高い「オオスズメバチ」について簡単にご説明いたします。
オオスズメバチは、その名の通りスズメバチの中でも最も大きい種類のハチです。北海道から沖縄まで全国に生息しており、時にはカマキリやキリギリスなどの大型の昆虫に襲い掛かる事もある、非常に凶暴なハチです。その気性の荒さと毒性の強さから最も危険なハチではありますが、その恐ろしさは直接的な被害に留まりません。秋口になりますと、オオスズメバチは大量の仲間を養う必要が出てきます。しかしこの時期になりますと昆虫の数が減ってしまうため、その対策としてオオスズメバチは他のスズメバチやミツバチを襲います。そのためスズメバチの多くは警戒を強めており、結果的に人間に対しても速やかに攻撃に移るようになってしまいます。
中には、既にオオスズメバチに乗っ取られたハチの巣もあります。その場合、オオスズメバチは占拠した巣を自分の巣のように守るので、「ミツバチを駆除しようとしたらオオスズメバチが出てきた」というケースもあります。この時期のハチ駆除は非常に危険性が高いので、ご自身で駆除を行う事は決してお勧めできません。ハチ駆除は、そのノウハウを持った業者の方に一任した方が良いでしょう。