ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

スズメバチの特徴

毒蜂の中でも最も被害の多いスズメバチですが、冬に弱いという特徴があり、女王バチ以外は冬を越えることが出来ず、働きバチは秋までに死んでしまいます。4月になり冬眠から覚めた女王バチは、ハチの好む場所で新たな巣を作り始めるのです。しかし、冬眠から覚めたばかりの女王バチは弱っており、握ったリでもしなければ、ほとんど刺してきません。スズメバチは冬からこの時期に掛けて最もおとなしくなるのです。しかし、だからと言ってむやみに手を出してはいけません。絶対に刺してこないというわけではないのです。その後、働きバチが増え巣も大きくなってくると、女王バチが外に出ることはなくなり、働きバチの攻撃性が増していきます。8~10月になると繁殖期のピークを迎えスズメバチの凶暴性が最も高くなります。凶暴性が増した働きバチは巣や女王バチを守るために、巣に接近するものに対して強い攻撃性を示します。そして、その時期をすぎると、巣から新しい女王バチと雄バチが飛び立ち、巣の活気が失われていき、長くても12月までにはほとんどすべての巣が活動を停止するのです。つまり、活動を停止する冬に入る前がスズメバチの巣を駆除する絶好のタイミングと言えるでしょう。おとなしくなって、新しい女王バチが飛び立つ前にスズメバチとスズメバチの巣を駆除してもらいましょう。