コラムのハチ駆除業者を探す

ただいまコラムの業者情報を表示しています。

 

駆除業者 を表示

前へ次へ

コラムのハチ駆除業者

よく見るアシナガバチの生態と危険性

住所

私たちが生活していてよく見るハチの代表といってもいいアシナガバチですが、その毒はスズメバチに匹敵するといわれています。一般的に動きが遅く攻撃性が低く巣を守るとき以外ではよほど攻撃はしてこないといわれています。巣は大きさ15㎝ほどで色は灰色系、形は蓮の実のような形をしています。人家の目立たないところに巣を作るので気づくのが遅れてハチの巣の駆除が遅れてしまうこともしばしばあるようです。もしアシナガバチが家の屋根などに巣を作ってしまったときはむやみに巣を落とそうとすると大人しいアシナガバチも集団で攻撃してくることがあるので危険です。またアシナガバチの巣はスズメバチの巣よりも強度が高く、棒で突く程度では落ちないといわれています。もし夏終わりごろに巣を発見した場合、翌年も引き続き使うことはほとんどないといわれているので10月頃から11月終わりには巣からいなくなると、いわれているため放置しておくのも一つの手だと思います。主な活動時期は夏ですが冬越し前の10月頃や冬越し後の3月頃に外干しの洗濯物に女王蜂紛れたりすることがあったりと、夏以外にも現れる場合があるのでハチに対しての注意を怠らないようにしたいですね。

蜂の巣を発見したときの対処法

住所

蜂は習性上様々な場所に巣を作る傾向があります。一度蜂の巣を駆除しても、再び同じ場所に作ることがありますので、そんなときはハチ駆除のプロに相談しましょう。
放置していてもご自分や周りの方が被害に遭う可能性があります。
もし近くで蜂の巣を見つけたら、絶対に近づかないことが大切です。特に小さなお子さんは危険ではないでしょうか。
好奇心で近づいて蜂を刺激してしまうと、集団で襲ってくる可能性がありますので、日頃から注意喚起を促すべきです。
もし可能であれば、十分な距離をとった状態で蜂の巣の特徴を観察し、蜂駆除のプロに情報を伝えましょう。
蜂の特徴によって蜂駆除のプロが、蜂の種類に合った駆除方法をとれるため、少しの情報でも役に立つかもしれません。
家の中や付近で蜂の巣を発見したときは、至近距離には近づかないことが大切で、ご自分で処理を考えるのも危険なのでおすすめできません。
巣の再発防止のためにも、蜂駆除のプロへ相談するのが一番ではないでしょうか。

単独行動と団体行動の蜂

住所

蜂には、単独で行動するものと集団で行動するものがいるのをご存知でしょうか。
比較的大きな蜂は、単独で行動するものが多く、危険度も単独行動の蜂の方が上だという認識を持つ傾向がありますが、基本的に蜂は刺激しなければ人間を襲うことはなく、むしろ集団行動の蜂の方が危険性が高いかもしれません。
集団行動の蜂が危険だとされているのは、防衛本能で襲ってくるからではないでしょうか。
集団行動をしている蜂は、巣を守ろうと近づいてきた人間を追い払おうとして襲ってくる可能性があり、繁殖期であれば、凶暴性が普段よりも高まる恐れがあります。
繁殖期でなくとも、危険なので集団行動をしている蜂を見かけたら近づかないようにしましょう。
一般的に危険だと認知されているスズメバチも、集団行動をする蜂なので、被害が相次いでいるのは防衛のために人間を襲っているからかもしれません。
しかしながら、住宅に巣を作られて襲われたら一大事なので、近くに巣を発見したら、自分でなんとかしようとせず、蜂駆除のプロに相談しましょう。

ハチ対策グッズもあります

住所

ご自宅にハチの巣が出来てしまい、お困りの方もいると思います。刺される危険があり、特に小さなお子様やペットを飼っているところなどは不安ですよね。見つけたら、すぐにハチ駆除のプロを呼ぶことをおすすめしますが、ご自宅でハチ対策出来る便利グッズも店頭で売られています。まずはハチを寄せ付けないようにすることが大切です。
最近、夏を快適に過ごす清涼グッズとしても人気のあるハッカ油。これらをハチが好みそうな場所、巣を作りやすい場所にふりかけましょう。
ハッカが毒になる動物もいるので、ペットを飼っているご家庭はよく確認してから使用してください。
煙タイプの忌避剤も人気です。天然素材で出来ているものも多いので、原材料などをよく確認して使用してください。
庭木があるところなどは剪定などをしっかり行い、見通しをよくしましょう。
虫の発生が増えてくる時期です。店頭にたくさんハチの対策グッズがおいてありますのでご自宅に合ったものを選びましょう。駆除については安全のため、ハチ駆除のプロにおまかせください。

巣の形状でハチの種類を判別出来る場合があります

住所

知識のないわたしたちがハチの種類を見分けようとするのは難しいです。近くで観察するのも危ないし、こわいですよね。
遠目から巣を確認することで、ハチの種類を見分けることが出来ることもあります。駆除業者に口頭で状況を伝えるときや、電話でだいたいの見積り金額を教えてもらうときなど役立ちますので、是非参考にしてください。

『スズメバチ』
種類によって巣の形状は違いますが、円状や球体が多いようです。未完成の巣はトックリをひっくり返したような、フラスコの形。完成に至る前に、業者を呼ぶことをおすすめします。

『ミツバチ』
よくはちみつのパッケージなどで見掛ける六角形で、いくつも穴が空いている形。わたしたちがメディアやイラストなどでイメージするハチの巣の形です。最初は白く、だんだんハチがミツを集めて蓄えるようになると、ミツ色をしてきます。他のハチとは違い冬を越せるようで、気温が低い時期に巣を作り始めたらミツバチの可能性が高いようです。

『アシナガバチ』
ミツバチと形状は似ていますが、ミツバチと比べて色はグレーに近い色をしています。巣が大きくなるのは大体夏。7月から8月にかけてと言われています。その前は女王ハチが1匹で活動しているため、駆除は簡単と言われています。対処するなら、この段階で!
いずれにしても、自分でハチの巣の駆除は危険で、周辺の方に迷惑がかかることもあります。
駆除は業者を呼び、適切に対処してもらうことをおすすめします。

とっくり状のハチの巣に注意

住所

ハチの巣は、蜂の種類によっても形状が大きく異なります。例えば、ミツバチの巣は垂直に巣板が伸びる平面的な構造で、大きくなりますと何枚もの巣板が重なるように営巣されます。また、アシナガバチの巣は蓮の実状の巣になっており、スズメバチのように外皮に覆われてはいません。
しかし、例えば同じスズメバチだったとしても、その種類の中で巣の形状が異なる事も多いです。その中でも特徴的な巣を作るのが、コガタスズメバチと呼ばれるハチです。

コガタスズメバチも、他のスズメバチと同様、春になりますと女王蜂が単独で巣を作ります。この時、その巣の形状はとっくりを逆さにしたような独特な形状になります。ただし、とっくり状になっているのは初期の段階で、やがて働き蜂の羽化が始まりますと、とっくり状からボール状に丸くなっていきます。
このような特徴から、コガタスズメバチはトックリバチと誤解される事があります。コガタスズメバチはキイロスズメバチやオオスズメバチと比較すれば温厚な性格ではありますが、手を出せば当然反撃しますし、更に市街地に営巣する事も多いため被害に遭うケースがあります。
もしもとっくり状のハチの巣を見つけましたら、ハチ駆除のプロに依頼して代わりに撤去してもらうようにしましょう。それがコガタスズメバチの巣だったとしても、トックリバチの巣だったとしても、適切に処分してもらえます。

ツマアカスズメバチの恐怖

住所

スズメバチと言いますと、日本ではキイロスズメバチやオオスズメバチがよく知られています。もちろん、これらのハチも危険なハチなのですが、近年注目されているハチがいることをご存知でしょうか。
それが「ツマアカスズメバチ」です。元々は東南アジアなどに生息していたハチですが、現在はアジア全域に広がっており、2012年には日本の対馬でも確認されるようになりました。日本では特定外来生物に指定されるだけあって、非常に厄介な存在なのです。

まず、その繁殖力の強さが特徴です。ツマアカスズメバチには天敵と呼べる物がほとんどいない上に、繁殖力が強いため急速に生息域を拡大しています。そのため日本でも、やがて本州に上陸するのではないかと危惧されています。
また、ツマアカスズメバチはミツバチを食べてしまいます。そもそも対馬は養蜂が盛んな土地なのですが、ツマアカスズメバチがミツバチを食べてしまう事によって、養蜂業が甚大なダメージを被り、農作物の不作や奇形化なども引き起こしてしまいます。

もちろん、人間への直接的な被害も考えられます。ツマアカスズメバチは凶暴な上に、都市部にも住み着きやすい習性を持っています。加えて営巣規模が大きく、直径1メートルに達する巣を作ることもあるのです。そのため、対馬市では町を挙げての駆除活動も行われています。
まだ日本での生息域は限られていますが、このようなハチの危機も広がりつつあるということを覚えておきましょう。

規模の小さい巣でも油断は出来ません

住所

ハチの巣というと、ミツバチのような箱の中の巣を思い浮かべる方もいれば、キイロスズメバチのような大きなボール状の巣や、アシナガバチの蓮の実の断面のような巣を思い浮かべる方も居るかもしれません。
特にキイロスズメバチの巣は、形も独特で、大きさも他のハチの巣よりも大きいものですから、見ただけで何となく怖いと思われるでしょうい。
しかし、キイロスズメバチの巣は、最初からああいった大きな巣が出来るわけではありません。
冬眠から覚めた女王バチは、まずは小さな巣から作り始め、産卵してその世話をします。そうして女王バチの他にも働きバチの数が増えてからが、巣の規模の大きくなる段階に入ります。
働きバチも、生まれてすぐにハチとして働き回るわけではなく、最初は幼虫として、女王バチが世話をして、蛹を経て成虫の働きバチになりますから、その間は女王バチが一匹で巣を切り盛りしていることになります。
その段階の巣なら、誰でも駆除できるのでは・・・と思われるかもしれませんが、実際は危険が隠れています。
巣の中が見えない形状のキイロスズメバチの巣の場合、本当に女王バチしか居ない巣なのか判別するのは大変難しいものです。
もし、働きバチがある程度増えた段階で迂闊に近づけば、働きバチが飛び出てきて痛い目を見るかもしれません。
小さいハチの巣だからと油断せず、ここはハチ駆除のプロにお任せください。

自然の中のハチ被害に注意

住所

キイロスズメバチやアシナガバチなど、市街地にも生息する危険なハチはいくつも存在します。しかしスズメバチやアシナガバチは他の虫などを餌にするため、その多くは山や森林といった自然の中に生息しています。人によっては、そのような自然の豊富な場所に暮らしていたり、ハイキングやピクニックに向かうということもあるでしょう。その際は、市街地以上にハチの存在にご注意ください。

その理由は主に二つあります。一つは前述のように、多くのハチが生息しているという理由です。
もう一つは、いざという時に頼みの綱となる医療機関が少ないという理由が挙げられます。直接針を刺して毒を注入することから、蜂毒によるアレルギー症状が発症してしまった場合には早急な治療が必要です。発症してからだいたい15分間での処置が必要であると言われています。そのためハチに襲われた際には一刻も早く対処しなければならないのですが、場所によっては救急車を呼んでもすぐに来られないこともあります。

もしも自然が豊富な場所に暮らしていたり、そこに赴くようなことがありましたらご注意ください。自然の中に暮らすハチを退治するのは限界がありますので、各自の心がけが重要なのです。

ミツバチの群れを見かけたら

住所

ミツバチの多くは、普段は巣の中に入っていたり、蜜を探しに飛んでいったりします。しかし、ミツバチの大群が密集している光景を見たことはないでしょうか。独特の香りや音を放つため、近くを通りかかった際には目にする機会があるかもしれません。しかし、どうしてミツバチは巣の外でこのようなことをしているのでしょうか。

この現象は「分封」と呼ばれており、その際に働き蜂が女王蜂を守って作る塊を「分封蜂球」と呼びます。分封とは、簡単に言えばミツバチの引っ越しです。新しい女王蜂が羽化する目前である春~夏ごろになりますと、旧女王蜂は半数のミツバチたちを従えて巣を出ていってしまいます。そうして女王蜂が一旦落ち着きますと、働き蜂たちが女王蜂を取り囲んで守ります。そして働き蜂達は新しい営巣場所を見つけ出し、持ち出した蜂蜜から蜜蝋を作り出して、新たな巣の材料にするのです。

分封蜂球を見つけると驚いてしまうかもしれませんが、ミツバチたちの引っ越しの最中ですので、放っておけばその場からいなくなるでしょう。逆に、慌てて蜂駆除しますと危険な目に遭ってしまうかもしれません。珍しいため、人によっては近くで観察したくなるかもしれませんが、決して手を出さないようにしてください。

無料相談専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-949-892
このページのトップに戻る
情報漏洩対策処理対応万全