ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

秋のハチの注意点と、被害にあったときの対象法を紹介

秋のハチの注意点と、被害にあったときの対象法を紹介

 

秋になると、ハチに刺されたという被害が増加します。夏にもハチの被害がニュースになることがありますが、秋の方が刺される危険が大きいとも言われています。

普段はこちらから攻撃をしない限り、ハチは人を刺すことはほとんどありません。しかし秋には注意が必要です。秋は、ハチが攻撃的になると言われる季節です。なぜハチは秋になると、攻撃的になるのでしょうか。

今回はハチが秋になると攻撃性を増す理由と、私達ができる対策について、お伝えしていきたいと思います。ご自分やご家族の安全のために、ハチから身を守るすべをぜひ知っておきましょう。

 

 

■ハチには秋に攻撃的になる理由がある!

なぜハチは秋になると、人を襲うのでしょうか。これは、ハチの生態と密接に関係しています。秋になると新しい女王バチや幼虫を育てなければなりません。巣を守るために、働きバチたちが懸命になって仕事をし、巣も大きく成長していきます。

その過程において、ハチ達は自分たちの種を守るため、人間などの攻撃から身を守らなければなりません。そのため攻撃に対して過敏に身を守ろうとするようになり、人を襲うことが多くなるのです。

 

■特にスズメバチには注意!

ハチの中でも特にスズメバチは攻撃的な傾向があり、毒も強いと言われるため、注意が必要です。全部で16種類あると言われるスズメバチは、女王バチと働きバチに分かれています。1つの巣に1匹しかいない女王バチは、栄養価の高いローヤルゼリーを食べて成長していきます。その女王バチを守って、働きバチがせわしなく働いています。

スズメバチは普段虫などを捕食して、幼虫にそれを食べさせて生きています。幼虫から分泌された栄養分を成虫が食べ、働きバチは生活をしています。しかし秋はエサの虫が少なくなるため、働きバチにとってはエサを探すのが大変な時期なのです。

巣も大きくなり新しい女王が産卵を始める8~10月になると、働きバチが巣を守るためにいつもより敏感になっていきます。そのような理由も重なり、スズメバチが最も凶暴性を増すと言われています。

 

■なぜハチは人を刺すの?

どうしてハチは人を刺す習性があるのでしょうか。ハチが人を刺すのは、ハチの生存本能というべきもの。自分たちの子孫を残すために巣や自分自身の身を守るためです。

そのためハチの巣の側でハチを追い払ったり、ハチを殺そうとしたりすると刺されてしまうことがあります。ハチがいたからといって大声を出しても、その振動を攻撃と捉え、ハチは私達を襲ってくる場合もあるので注意しなければなりません。

スズメバチの活動期間は、春から秋の間に限られます。冬を越せるのは新しく生まれた女王バチのみで、古い女王バチや働きバチたちの多くは死んでしまいます。

また比較的温厚な性格だと言われているミツバチも、越冬の準備期間にあたる寒い時期は人を刺す可能性が高くなると言われており、大変危険です。

ハチが一番大事に守りたいものは、子孫繁栄のための巣です。巣に近寄ってくるものは、自分たちの敵であるとみなして攻撃をしかけてくるのです。

 

■ハチに刺されるとどうなる?

ハチに刺されると、通常は刺された場所が赤く腫れるだけのことが多いです。心配な場合は、お近くの病院で診察をしてもらいましょう。

そのほかの症状では、顔や体が赤くなったり全身がかゆくなったりすることがあります。また体のだるさを感じることもあるでしょう。めまいがしたり、頭痛や腹痛、吐き気がしたりすることも。さらにひどい症状では、息が苦しくなって飲食が困難になったり、立ち上がったりができなくなるケースもあるので油断は禁物です。

最も危険なのはアナフィラキシーショックといって、30分ほどの間に、さまざまなアレルギー症状が起こることです。じんましんやめまい、呼吸困難や意識障害が起こることもあるので危険です。アナフィラキシーショックが起こると、最悪の場合は死に至るので注意しましょう。

 

ハチが攻撃的になる時期気を付けるポイント

ハチが攻撃的になる時期気を付けるポイント

ハチの活動時期は春から秋にかけてです。冬を越えることができるのは、新しい女王バチだけで、秋のおわりには多くのハチは死んでしまいます。ハチが攻撃的になる時期のみ、注意していればスズメバチも怖くありません。スズメバチが攻撃的になる秋に、注意することをご紹介します。

 

■巣がある場所には近寄らない!

秋は特にスズメバチが攻撃的になる時期です。スズメバチの巣には、絶対に近寄らないようにしましょう。スズメバチの巣が近くにあるときは、ハチの数が多くなったり1つの方向にハチたちが飛び始めたりするなどのサインが見られます。このようなときは巣が近くにある可能性があるので、決してハチに近づいてはいけません。

またスズメバチは黒い色や、濃い色に寄ってくる習性があります。秋に屋外に出る場合は、できるだけ白や薄い色の服を着るようにしましょう。

 

■屋外で注意すべき点とは?

巣を発見しても、安易に大声を出したり急に走ったりせず、ハチに振動を伝えないように気をつけて行動しましょう。

ハチは人間が出す汗の臭いや香水、整髪料などの匂いをかぎ分けて寄ってくることがあります。食品の匂いを感知することもできるので、ハチがいそうなところで飲食するのは控えましょう。

ホームセンターなどに行けば、ハチ用の駆除スプレーが売っています。いざというときのために、このような駆除剤を持って出かけることも、ハチの被害から身を守る方法の1つです。

 

もし、ハチの巣を見つけたら…

もし、ハチの巣を見つけたら…

巣に近寄らないように注意をしていても、万が一ハチの巣を見つけてしまうこともあるかもしれません。そんなときに、私達はどうすればよいのでしょうか。

 

■自分では駆除可能?

まだ小さい巣なら、できればご自分ですぐに駆除したいと思う方も、いらっしゃるかもしれません。しかしハチに刺されるとアナフィラキシーショックにかかることがあり、最悪の場合は心肺停止になる恐れもあります。

ハチの巣は一般的に高い場所にあることが多く、人間の背丈よりも高ければ刺される可能性も高くなります。ハチの中でも危険と言われているスズメバチは、繁殖期にあたる秋が最も数が多くなり、巣も大きくなります。

もしご自宅の敷地内で巣を見つけたら、無理せずハチの駆除の業者に依頼した方が賢明です。

 

■困ったときは業者にお任せしよう!

知識や経験も豊富なハチの駆除の業者なら、ハチに刺される不安はありません。ハチの駆除は危険が伴うため専門知識も必要となり、一般の人にはなかなか難しいものです。無理に自分で駆除しようとするとケガをすることもあり危険です。

巣の場所が確認できない場合や、土の中に巣がある場合は誤って巣を踏んでしまうと大変です。

業者であれば、安全かつ素早く駆除してくれます。くれぐれも無理は禁物です。プロに依頼しましょう。

 

■よい業者を見極める方法とは?

業者に頼むときは、事前に複数の業者に料金の見積もりを取ってもらい、費用や作業内容をよく確認しましょう。調査のみなら無料という業者も多いので、1度巣がどのような状態か見てもらってはいかがでしょうか。

また、業者のホームページなどで口コミや施工事例を確認しておくと、安心してお任せできるでしょう。

 

まとめ

ハチは夏よりも秋の方が、攻撃的になるといいます。それはハチの生存本能のようなもので、外敵から自分たちの巣を守るため。人間が子孫繁栄を願うように、ハチ達も自分たちの子孫のためにしていることなのです。

秋には食料である虫も少なくなるため、生き抜くためにハチ達はとても神経過敏になっています。私達はハチに余計な攻撃を与えないように、慎重に行動することが最も大切です。夏休みが終わっても、屋外に出かけるときはハチに刺されないよう厳重な注意が必要となります。

ハチの中でも攻撃性が高く、危険と言われるスズメバチの数は、繁殖時期にあたる秋が最も多くなります。今回の記事でご紹介したハチの巣のサインや、ハチの巣を見つけたときの対処法をご参考に、屋外に出かけるときは気をつけてお出かけいただければと思います。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...