ハチ駆除なら24時間全国受付対応の【ハチ駆除net】

年間10,000件以上の実績
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-892

フリーダイヤル0120-949-892

人体に害を及ぼす蜂とは

蜂の巣が家の近くにできてしまったら、刺されるかもしれないと危険を感じると思います。蜂の巣を駆除することが一番ですが、自分で駆除するのは大変危険です。
危険を回避するために、危険な蜂の特徴を知っておくといいかもしれません。
蜂には、腰にくびれのない広腰亜目と、それが発展した腰にくびれのある細腰亜目の2種類がいると言われています。その中で人間を刺す恐れがあるのは細腰亜目の雌だけなのです。そして細腰亜目の中でも単独行動の蜂と、集団行動の蜂がいます。人体への被害は後者の方が大きいとされています。蜂の巣に近づくと、巣を守ろうとして集団蜂が自衛のために攻撃してくることが多いようです。その点、単独行動の蜂はこちらから何か仕掛けることがない限り、襲ってくることはないと言われています。
スズメバチは、私たちのよく知る危険な蜂ではないでしょうか。繁殖のピークである夏から秋にかけて凶暴性が増す恐れがあります。特にキイロスズメバチは、凶暴性が高いため大変危険です。
スズメバチの巣に意識的に近づいてなくても、匂いや、奇抜な服の色に反応して襲ってくる場合があります。
スズメバチの他にも、アシナガバチやミツバチなどがいて、凶暴性はスズメバチにはおとりますが、すぐに駆除が必要です。
上記より蜂の巣に近づくこと自体が危険なので、蜂の巣の駆除に困ったときは当サイトを是非ご利用下さい。