コラムのハチ駆除業者を探す

ただいまコラムの業者情報を表示しています。

 

駆除業者 を表示

前へ次へ

コラムのハチ駆除業者

自力での駆除

住所

ご自宅にハチの巣ができしまった場合、自力でそれを駆除しようとする方もいるのではないでしょうか。
しかし、それは本当に正しい方法なのか。ハチの巣の駆除にはどのようなアイテムが必要なのか。ここではハチの巣の駆除に対する準備物をご紹介します。
ハチの巣駆除でまず大事なのは防護服です。専用の防具服があるのとないのとでは安心感が違いますし、ハチに刺される危険性が格段に減少します。色はハチを刺激しないように白で統一されています。
次に殺虫剤。巣に近づいた際に、襲われる危険性を回避するためにも必ず用意してください。効果的なのは「ピレスロイド系」の成分が含まれているものとされています。少し離れた位置から巣に向かって大体60秒ほど噴射し続けてください。その際に残量にも気を配る必要もあります。
続いて長い棒。素手でハチの巣を触るのは危険ですしハチが一番密集する箇所ですので、これは近づかずにハチの巣を落とすために使用します。
最後にごみ袋と補虫網です。落としたハチの巣は最後ごみ袋に入れて処理します。また捕虫網があれば、近づくのを避けてごみ袋に入れられるため便利です。
などと、ここまで自力でハチの巣を駆除するための方法を紹介しましたが、その際に最も大事なのが、無理をしないことです。
自力で駆除する場合にはどうしても刺される危険性があります。
これはもう無理だと限界を感じた方は、無理せずハチ駆除を行っている業者に依頼するのがおすすめです。
またその際は当サイトをご利用してみてはいかがでしょうか。

ハチに刺されないために

住所

近年では、異常な雨や猛暑によってハチの生息地域が広まっています。どの時期が特に活発になるのか、ハチが近くによってきた場合に刺されないようにする対策、退治方法は知っておいて損はないでしょう。

主にハチは春から秋にかけて活動をする生き物ですが、特に凶暴になる時期は秋だと言われています。秋は女王バチが出産時期に入るので周りのハチが女王バチを守るために警戒心がとても高まるからです。実際にハチによる被害も秋が多く、特に外部からの刺激にとても敏感になると言われているので近づかないようにしましょう。

次にハチに遭遇したときの対処方法を紹介させて頂きます。近くにハチが現れたときは、慌てずに身をかがめてから落ち着いて逃げることが良いと言われています。他にも、ハチの視覚には上下が見えにくい性質を持っているので、体を下にかがむことで見失わせることができます。万が一見つかってしまっても、ゆっくりと体を動かすことで警戒心を薄めることができる可能性があります。しかし逆を言えば、ハチを遭遇したときに慌てて逃げる行為は大変危険なので落ち着いて行動することを心がけましょう。他にもハチは音に敏感な性質を持っているとされているので、悲鳴をあげたり騒いだりしないように注意が必要です。

ハチの数が増えている現状に伴い、営巣被害も同時に増えています。ハチは大変危険な生き物ですので自分ひとりでなんとかしようとせず、ハチ駆除のプロにお願いするようにしましょう。

人体に害を及ぼす蜂とは

住所

蜂の巣が家の近くにできてしまったら、刺されるかもしれないと危険を感じると思います。蜂の巣を駆除することが一番ですが、自分で駆除するのは大変危険です。
危険を回避するために、危険な蜂の特徴を知っておくといいかもしれません。
蜂には、腰にくびれのない広腰亜目と、それが発展した腰にくびれのある細腰亜目の2種類がいると言われています。その中で人間を刺す恐れがあるのは細腰亜目の雌だけなのです。そして細腰亜目の中でも単独行動の蜂と、集団行動の蜂がいます。人体への被害は後者の方が大きいとされています。蜂の巣に近づくと、巣を守ろうとして集団蜂が自衛のために攻撃してくることが多いようです。その点、単独行動の蜂はこちらから何か仕掛けることがない限り、襲ってくることはないと言われています。
スズメバチは、私たちのよく知る危険な蜂ではないでしょうか。繁殖のピークである夏から秋にかけて凶暴性が増す恐れがあります。特にキイロスズメバチは、凶暴性が高いため大変危険です。
スズメバチの巣に意識的に近づいてなくても、匂いや、奇抜な服の色に反応して襲ってくる場合があります。
スズメバチの他にも、アシナガバチやミツバチなどがいて、凶暴性はスズメバチにはおとりますが、すぐに駆除が必要です。
上記より蜂の巣に近づくこと自体が危険なので、蜂の巣の駆除に困ったときは当サイトを是非ご利用下さい。

活動時期だからこそ

住所

残暑が残る季節ですが、実は、現在ハチの活動時期の真最中です。スズメバチは大きく春から秋にかけて活動します。
そのなかでも、攻撃的になる時期は種類別に見ると、オオスズメバチは8月から10月、キイロスズメバチは7月から10月、ヒメスズメバチは8月から9月、コガタスズメバチは7月から10月、モンスズメバチは7月から8月です。9月に入ったばかりの現在、まだまだ油断できません。

スズメバチのほかにもアシナガバチの被害は多くあります。アシナガバチはスズメバチに比べ凶暴性は劣るものの、民家や都市部に多く巣をつくるため危険です。その活動期間はスズメバチに同じく春から秋にかけてで、攻撃性が高まるのが7月から8月下旬にかけてだといわれています。

季節の変わり目に秋に向けてお庭のお手入れなどをされる方もいらっしゃると思いますが、その前に早めの駆除をおすすめします。放置しておくと、巣はどんどん大きくなってしまいますし、新しい女王バチは越冬しますので、これから被害を拡大させないためにもハチの巣自体を退治しておくと安心です。スズメバチ、アシナガバチ、の活動時期を踏まえてこの季節にハチ駆除のプロにおまかせしてはいかがでしょうか。

キイロスズメバチのおそろしさ

住所

攻撃的な気性で知られるスズメバチ。日本には3属16種が生息しているといわれます。そしてそのなかでもオオスズメバチとならんで人身事故が多いとされるのが、キイロスズメバチです。<br>
キイロスズメバチは比較的小型のハチといわれますが、攻撃性はオオスズメバチに並ぶほど非常に高く、スズメバチ類の刺傷事故はこの種による仕業がもっとも多いとされています。体にある縞模様の中で黄色の部位が広く、全身が毛でおおわれている点で、ほかの種のスズメバチと区別ができます。<br>
木のウロや枝、民家の軒下や天井裏、床下まで、多様な場所に巣をつくり、近くを通っただけで攻撃されることもあるといいます。スズメバチの中では最小種とのことですが、巣の大きさは日本産スズメバチの最大と謳われています。<br>
活動期は主に5~10月で、交尾の時期をむかえるとさらに攻撃性が増し、巣に気づかないまま迂闊に近づけば大群に集中攻撃されることもあるといいます。刺された結果「アナフィラキシーショック」と呼ばれるアレルギー性ショックが起こり、死に至るケースも稀ではありません。<br>
民家などあちこちに巣をつくり、少し近づいただけで容赦なく襲い掛かってくる危険性のあるキイロスズメバチ。万一巣を発見した場合は、ハチ駆除のプロに頼るのが賢明でしょう。

スズメバチの注意点

住所

家の周りでスズメバチが飛んでいると、外出する際玄関のドアを開けるのがとても怖いと思います。
スズメバチの攻撃対象は、一般的に3つあると言われています。幼虫を食べてしまう昆虫、自分たちの餌場を荒らす存在、巣に危害を加えようとする外敵です。人がスズメバチに刺されてしまうのは、餌場に入ってしまう、巣に近づいてしまい、敵と思われてしまうからではないでしょうか。スズメバチは巣の周り、約10メートル以内に近づくと、警戒し襲い掛かってくると言われています。ときには、それよりも広範囲に渡って攻撃してくる可能性が大いにありますので注意が必要です。もし巣を発見したとき、、スズメバチと遭遇したときなどは、近づかないほうがよいでしょう。
スズメバチの視力についても理解が必要です。スズメバチは、黒や赤、青といったような濃い色に攻撃してくることが多いです。また、香水、汗など臭いを発するものに反応して攻撃してくることもあります。山の中などは、スズメバチがどこに潜んでいるかわからないため、服装、匂いにも気をつけましょう。
もしスズメバチの被害にお困りの方がいましたら、、当サイトまで、ハチ駆除のご相談をください。

よく見るアシナガバチの生態と危険性

住所

私たちが生活していてよく見るハチの代表といってもいいアシナガバチですが、その毒はスズメバチに匹敵するといわれています。一般的に動きが遅く攻撃性が低く巣を守るとき以外ではよほど攻撃はしてこないといわれています。巣は大きさ15㎝ほどで色は灰色系、形は蓮の実のような形をしています。人家の目立たないところに巣を作るので気づくのが遅れてハチの巣の駆除が遅れてしまうこともしばしばあるようです。もしアシナガバチが家の屋根などに巣を作ってしまったときはむやみに巣を落とそうとすると大人しいアシナガバチも集団で攻撃してくることがあるので危険です。またアシナガバチの巣はスズメバチの巣よりも強度が高く、棒で突く程度では落ちないといわれています。もし夏終わりごろに巣を発見した場合、翌年も引き続き使うことはほとんどないといわれているので10月頃から11月終わりには巣からいなくなると、いわれているため放置しておくのも一つの手だと思います。主な活動時期は夏ですが冬越し前の10月頃や冬越し後の3月頃に外干しの洗濯物に女王蜂紛れたりすることがあったりと、夏以外にも現れる場合があるのでハチに対しての注意を怠らないようにしたいですね。

蜂の巣を発見したときの対処法

住所

蜂は習性上様々な場所に巣を作る傾向があります。一度蜂の巣を駆除しても、再び同じ場所に作ることがありますので、そんなときはハチ駆除のプロに相談しましょう。
放置していてもご自分や周りの方が被害に遭う可能性があります。
もし近くで蜂の巣を見つけたら、絶対に近づかないことが大切です。特に小さなお子さんは危険ではないでしょうか。
好奇心で近づいて蜂を刺激してしまうと、集団で襲ってくる可能性がありますので、日頃から注意喚起を促すべきです。
もし可能であれば、十分な距離をとった状態で蜂の巣の特徴を観察し、蜂駆除のプロに情報を伝えましょう。
蜂の特徴によって蜂駆除のプロが、蜂の種類に合った駆除方法をとれるため、少しの情報でも役に立つかもしれません。
家の中や付近で蜂の巣を発見したときは、至近距離には近づかないことが大切で、ご自分で処理を考えるのも危険なのでおすすめできません。
巣の再発防止のためにも、蜂駆除のプロへ相談するのが一番ではないでしょうか。

単独行動と団体行動の蜂

住所

蜂には、単独で行動するものと集団で行動するものがいるのをご存知でしょうか。
比較的大きな蜂は、単独で行動するものが多く、危険度も単独行動の蜂の方が上だという認識を持つ傾向がありますが、基本的に蜂は刺激しなければ人間を襲うことはなく、むしろ集団行動の蜂の方が危険性が高いかもしれません。
集団行動の蜂が危険だとされているのは、防衛本能で襲ってくるからではないでしょうか。
集団行動をしている蜂は、巣を守ろうと近づいてきた人間を追い払おうとして襲ってくる可能性があり、繁殖期であれば、凶暴性が普段よりも高まる恐れがあります。
繁殖期でなくとも、危険なので集団行動をしている蜂を見かけたら近づかないようにしましょう。
一般的に危険だと認知されているスズメバチも、集団行動をする蜂なので、被害が相次いでいるのは防衛のために人間を襲っているからかもしれません。
しかしながら、住宅に巣を作られて襲われたら一大事なので、近くに巣を発見したら、自分でなんとかしようとせず、蜂駆除のプロに相談しましょう。

ハチ対策グッズもあります

住所

ご自宅にハチの巣が出来てしまい、お困りの方もいると思います。刺される危険があり、特に小さなお子様やペットを飼っているところなどは不安ですよね。見つけたら、すぐにハチ駆除のプロを呼ぶことをおすすめしますが、ご自宅でハチ対策出来る便利グッズも店頭で売られています。まずはハチを寄せ付けないようにすることが大切です。
最近、夏を快適に過ごす清涼グッズとしても人気のあるハッカ油。これらをハチが好みそうな場所、巣を作りやすい場所にふりかけましょう。
ハッカが毒になる動物もいるので、ペットを飼っているご家庭はよく確認してから使用してください。
煙タイプの忌避剤も人気です。天然素材で出来ているものも多いので、原材料などをよく確認して使用してください。
庭木があるところなどは剪定などをしっかり行い、見通しをよくしましょう。
虫の発生が増えてくる時期です。店頭にたくさんハチの対策グッズがおいてありますのでご自宅に合ったものを選びましょう。駆除については安全のため、ハチ駆除のプロにおまかせください。

無料相談専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-949-892
このページのトップに戻る
情報漏洩対策処理対応万全