コラムのハチ駆除業者を探す

ただいまコラムの業者情報を表示しています。

 

駆除業者 を表示

前へ次へ

コラムのハチ駆除業者

土でできた巣や土の中にある巣をつくるハチの正体と対処法とは?

住所

土でできた巣や土の中にある巣をつくるハチの正体と対処法とは?

 

 

気候も良くて庭のお手入れをされることが増える時期。草むしりをしていたら土の中や土の塊からハチが出入りしているのを見かけたことはありませんか?実はそれはハチの巣かもしれないのです。

 

 

土の中に巣がある場合は気づかずに踏んでしまったりするとハチを怒らせて襲われる危険もあるので気をつける必要があります。そこで、土の中や土でハチの巣を作るハチについて詳しくお伝えします。そして、もしハチの巣を見つけらどうすればよいのかをご紹介します。

 

 

 

 

泥の塊からハチが出入りしている!これって危険なの?

土や泥の塊が住宅の壁や軒下に張りついていることがあります。なにかの卵かな?とも思われる方もいるかもしれませんが、ハチの巣の可能性もあるのです。

 

 

泥の塊から出てくる蜂の正体!

土や泥の塊を見つけたら、ハチが出入りしていないか見てみましょう。泥で巣をつくるハチとして、ドロバチというものがいます。

 

 

巣は比較的小さいものを作り、産卵後に泥で蓋をします。孵化した幼虫は、産卵時に巣の中に備蓄しておいた青虫などのエサを食べて育ち、次の春に蛹化、羽化して外へ出るといわれます。

 

 

つまり、親のハチが出入りしている間は産卵されておらず巣を作っている最中であり、蓋がされた泥の塊をみつけたらその中でハチの幼虫が育っていると卵のような状態いうことです。

 

 

ドロバチってどんなハチ?

ドロバチは全体的に黒っぽい色をしており、腹部に黄色い線が2本入っているハチです。体長は15~30ミリメートルとなっており、7月から9月に活発に活動します。幼虫は蛾の幼虫や青虫を食べ、成虫は花の蜜をエサとします。

 

 

日本全国に広く生息しており、昼間活動しています。天敵はドロバチヤドリニクバエというハエであり、幼虫が育つ巣の中にハエの幼虫が寄生してハチの幼虫のためのエサを食べるとされています。

 

 

ドロバチといっても、「ドロバチ」「トックリバチ」「スズバチ」と3種類がおり、トックリバチは壺のような巣を作るとされています。巣は主に、住宅の軒下やベランダや屋根裏や天井裏にも作ることがあります。巣が泥で作られるため、外壁が汚れてしまう被害もあります。

 

 

ドロバチって危険なの?

腰が細くくびれがあるドロバチ。そのためお尻にある針が協調されますが、人をめったに刺すことがなくおとなしいハチです。

 

 

ミツバチやスズメバチのように女王蜂を中心に集団で行動をしない種類なので、巣を守るために人に襲うことがありせん。そして、成虫となって飛び出した巣は再利用されることはありません。ただ、中にハチがいる状態で巣を壊したりすると刺されることもあるので注意が必要です。

 

 

要注意!地面の中にはオオスズメバチの巣がある可能性も!

要注意!地面の中にはオオスズメバチの巣がある可能性も!

 

 

地面からハチが出入りしている場合は、土の中に巣があることもあります。知らずに踏んでしまうと危険なので、どんなハチが土の中に巣をつくるのかをしっかり理解しましょう。

 

 

地面の土の中に巣を作るハチの正体

地面の土の中に巣を作るハチはオオスズメバチというハチです。巣は外壁が薄い状態になっており、底が抜けた形をしていることが多いです。巣が大きくなると、土を掘って巣をさらに大きくしていきます。大きいもので直径30センチメートルを超えるものがあるので、注意が必要です。それぐらいの大きさになってしまうと、中のハチは数百匹を超えているでしょう。

 

 

オオスズメバチは、女王蜂が40~55ミリメートルで働き蜂は27~40ミリメートルの大きさをしています。頭がオレンジ色をしており、腹部は黒色単体や黒と黄色の縞模様をしています。羽は茶色です。

 

 

時速約40キロメートルで飛ぶことも可能で、狩りをおこなうときは約100キロメートルもの距離を飛ぶことがあります。天敵は、哺乳類のクマや野鳥のハチクマとされています。

 

 

オオスズメバチはかなり危険!見つけたときは絶対に近寄らない!

土の中にあるオオスズメバチの巣は、なかなか見つけにくいです。そのため、安易に踏んでしまうと大量のハチに襲われることがあり、危険です。そして、オオスズメバチは日本で最も強力の毒をもっており攻撃性も高いハチなので、特に気を付ける必要があります。

 

 

少しでもハチが土の中に出入りしているなと思ったら、近寄らないようにしましょう。

 

 

もし、ハチの巣を見つけたら?

 

 

土の中や泥や土でできたハチの巣を見つけたら、どうしたらいいのか?ハチの巣によって対処が異なるので見ていきましょう。

 

 

放置してもよい場合

泥で巣を作るドロバチの巣は駆除する必要はありません。巣を守っているハチがいるわけでもないので、襲われることもありません。中の幼虫が成長して空になった巣を見つけたときは、その巣が再利用されることはないので取り除いても大丈夫です。外壁が傷つくことがあるので、ガリガリとしすぎないようにしましょう。

 

 

危険がある場合は駆除を!

土の中に巣を見つけたり、オオスズメバチを見かけたりした場合は、業者に駆除を依頼しましょう。土の中の巣は自分ではどのぐらいの大きさなのかを把握することができず、完全に駆除することは不可能です。オオスズメバチの毒はとても強力で危険ですので、もし大量のオオスズメバチに襲われたらとても危険です。

 

 

そのため、しっかりと業者に依頼して巣の大きさを把握したのちに駆除してもらいましょう。

 

 

まとめ

ここまで、土の中や土や泥でハチの巣を作るハチについてご紹介してきました。土や泥で巣を作るドロバチは集団で行動せず、巣を守ることもしないので駆除しなくてもよいでしょう。刺される危険なこともありません。しかし、土の中に巣を作るオオスズメバチは刺されたら毒性が強いので危険です。

 

 

巣見つけづらいため、知らぬ間に踏んでしまうととても危険なので、ハチが土の中に出入りしているなどといった状況であれば業者に依頼しましょう。すぐに対応してくれるでしょう。

蜂の巣はスプレーで駆除できる?効果絶大な撃退方法

住所

蜂の巣はスプレーで駆除できる?効果絶大な撃退方法

 

自宅に蜂の巣ができてしまえば一大事です。刺される危険性もあるため早急に駆除する必要があります。しかし、蜂の巣駆除と聞くとやはり恐怖感が募ってくるのではないでしょうか?ハチに刺されてしまうかも…と思うとなかなか手がでませんよね。

 

しかし今回ご紹介する方法で駆除をおこなえば、その心配を減らすことができるかもしれません。その方法とはスプレーの使用です。蜂の巣を駆除するにあたりスプレーの使用はとても効果的な方法になります。それは一体なぜなのでしょうか?

 

今回はその理由と絶大な効果を持つスプレーの選び方、安全な駆除方法をご紹介します。駆除後の予防法とともに知っておくとよいでしょう。

 

 

駆除をはじめる前に、まずは蜂の種類をチェック

ハチの駆除をはじめる前に、まずは蜂の種類をチェックしなくてはいけません。種類によって駆除方法や必要な道具が変わるため、正確に把握しておく必要があります。蜂の種類は目視した姿だけでなく、巣の形からも確認することが可能です。

 

被害件数の多い蜂のそれぞれの特徴を以下でご紹介しているので、違いをしっかりと理解しておきましょう。安全に駆除するために必要な知識のひとつです。

 

●ミツバチ

ミツバチの体長は20mmほどで、比較的小さめになります。巣には巣板と呼ばれる平たい板がいくつもあり、それが巣を構成しているのです。巣が大きくなるにつれ巣板の数も増加していきます。大きいもので数千~数万匹規模の巣もあるので、巣板の数から危険性を見極めることが可能です。

 

 

●アシナガバチ

アシナガバチの体長は2㎝ほどで、胴体が黒く、鮮やかな黄色の縞模様があります。胴体にくびれがあるため、他の蜂に比べたら少し細めです。その名の通り脚が長く、フラフラと飛んでいます。巣の色は灰色で、傘を開いたような形をしています。

 

 

●スズメバチ

スズメバチの胴体はオレンジ色をしていることが多いです。アシナガバチに比べ胴が太いため見分けることができます。まっすぐと素早く飛ぶといった特徴もあるため、見かけたさいに確認してみてください。巣の形状は球体で、茶色や薄茶色をしています。

 

駆除は自分でできる?危険性と護身術

駆除は自分でできる?危険性と護身術

 

蜂の駆除を自分ですることはできますが、危険を伴う作業になります。しかし、どうしても自分で駆除したいという方もいらっしゃることでしょう。

 

そのような方はしっかりと危険性を理解しておくことで、より注意深く作業を進めることができるのではないでしょうか?身を守るための護身術もご紹介するので、ぜひ頭に入れておいてください。

 

 

【蜂の危険性】

種類によって異なりますが、蜂のなかには極めて攻撃的な種がいます。巣の近くを通るだけでも襲われることがあるので注意しなくてはいけません。

 

ミツバチなどの比較的温厚な性格の蜂であっても、むやみに近づいてしまえば刺される危険性があります。一匹に襲われるだけでなく、大群で襲われることもあるので要注意です。被害に遭わないためにもなるべく刺激を与えないようにしてください。

 

 

【蜂から身を守るための護身術】

蜂から身を守るために意識しておくべき重要なポイントは2つあります。

 

1.近づかないようにする

アシナガバチには、巣の近くで何かが動くとすぐに攻撃をしてくるといった習性があります。そのため、むやみに近づかず、刺激を与えないように注意してください。一匹だけでなく、複数の蜂から刺される危険性もあるので要注意です。

 

2.香水や整髪剤の使用を避ける

香水や整髪剤などのニオイによって蜂を刺激してしまうことがあります。そのニオイを嗅いだ蜂に攻撃対象として認識され、刺されてしまうのです。一度人を刺した蜂からは興奮物質がまき散らされ、周囲の蜂にも影響を与えます。

 

巣が自宅の周囲にあれば集中攻撃を受けてしまう恐れもあるため、なるべく使用するのを避けるようにしてください。

 

効果絶大なスプレーの選び方

蜂の見分け方や危険性をご紹介してきましたが、いよいよ駆除方法について説明していきます。今回ご紹介するのはスプレーを使用した駆除方法です。蜂の巣を駆除するためのスプレーにも種類があるため、より効果的なものを選ばなくてはいけません。効果絶大なスプレーの選び方を知って、巣を安全に駆除するようにしましょう。

 

■蜂の巣駆除に効果的な成分はピレスロイド

蜂の巣駆除にスプレーを使用する場合は、「ピレスロイド」という成分が含まれているのか確認してください。ピレスロイドには、蜂の神経機能へダメージを与える効果があります。蜂に付着することでダメージを与え、蜂を確実に死に追いやることができるのです。

 

ピレスロイドは自然に優しいため、人間への影響も少なくて済みます。体内に入ってしまっても、すぐに外へ排出されるため、少量であれば危険性はほとんどありません。

 

しかし、短時間にたくさん吸い込んでしまった場合は要注意です。健康上の問題がでることもあるので、使用する際はマスクを着用するようにしてください。自分にかからないよう、風上から噴射するよう意識することも重要なポイントになります。

 

スプレーを使って蜂の巣を駆除する方法

スプレーを使って蜂の巣を駆除する方法

 

蜂の巣駆除に必要な道具はスプレーだけではありません。他にも準備しておくべき道具があるのでご紹介します。

 

  • ●防護服
  • ●剪定バサミ
  • ●ゴミ袋
  • ●懐中電灯
  •  

    防護服などは自分の身を守るために必須のものです。蜂に刺される危険性を減らすためにもしっかりと着用するようにしてください。ゴミ袋も巣を処分する際に必要になるため準備しておきましょう。懐中電灯は夜間時の駆除に必要になります。高所に巣がある場合は剪定バサミを用意しておくと便利です。

     

    ・駆除する時間帯

    蜂の巣を駆除する際は、まず時間帯を意識するようにしましょう。アシナガバチとスズメバチの巣の駆除は、暗くなってくる夕方におこなうのがベストです。具体的な目安は懐中電灯がなくては見えない程度です。この2種は暗くなると同時に巣に戻るため、残さずまとめて駆除することができます。

     

    ミツバチの場合は少し異なり、朝6時前ごろにおこなうようにしましょう。ミツバチは夜から朝にかけて巣へ戻る習性があるからです。せっかく駆除するのであれば、もっとも適した時間帯におこなうようにしましょう。時間帯を知ることができたら、次は具体的な駆除方法についてご紹介していきます。

     

     

    ・スプレーを使った駆除方法

    まずもっとも必要なスプレーですが、これは2本用意しておくようにしてください。1本では足りなかったというトラブルを避けるためにも、準備は入念におこなうようにしましょう。

     

    アシナガバチとミツバチの巣を駆除する場合は、1本目のスプレーを直接吹きかけていきます。蜂が巣から出てこなくなるくらいまで吹きかけるようにしましょう。目安としては、約60秒間です。

     

    スズメバチの巣の場合は、最初に巣の入口にスプレーボンドを吹きかけてください。ボンドの粘着性により巣の中の蜂は外へ出てこられなくなります。蜂が出てこないのを確認したら、殺虫剤にスプレーノズルを取り付け、中央辺りにある巣の丸い箇所に突き刺し、60秒間ほど吹きかけます。こうすることで蜂を駆除することが可能です。

     

    蜂を駆除し終えたら、巣を撤去しなくてはいけません。アシナガバチとスズメバチの巣は、蜂がいなくなってからおこなうようにしてください。スズメバチの巣は、スプレーを噴射し終えたらそのまま取り出してゴミ袋に捨てましょう。巣が高い位置にあるようでしたら、棒でつついて下に落としてからゴミ袋に入れるようにしてください。

     

    蜂の巣を撤去も済んだら、再びスプレーを吹きかけます。巣に蜂が残っていれば危険であるため、予防としてもう一度吹きかけておくのです。ゴミ袋に殺虫剤が蔓延するまで噴射し、その後袋を密閉してあげましょう。

     

    以上が蜂の巣駆除をスプレーでおこなう方法になります。撤去した蜂の巣は1日ほど放置し、地域の自治体の指示や区分に従い処分するようにしてください。

     

    蜂の巣駆除はとても危険な作業になります。完全に駆除しなくては再び巣を作られてしまう可能性もあるため要注意です。駆除方法をご紹介してきましたが、自分での作業が難しいと感じた場合は迷わずプロの業者に依頼するようにしてください。

     

    巣の大きさが25㎝以上の場合は、とても危険な状態であるためプロにまかせるようにしましょう。経験豊富なプロがトラブルを解決に導いてくれます。

     

    今後、蜂の巣を作らせない!駆除後は徹底的に予防を

    今後、蜂の巣を作らせない!駆除後は徹底的に予防を

     

    蜂の巣の駆除方法をご説明してきましたが、理想を言うのであれば巣を作らせないことがもっとも目指すべきところでしょう。今後巣を作らせないようにするには、このタイミングでの予防が効果的です。徹底的に予防し、蜂の被害を未然に防ぐようにしましょう。

     

    ●殺虫剤をかける

    駆除後も、ピレスロイドが含まれている殺虫剤を巣のあった場所に吹きかけるようにするとよいです。ピレスロイドには蜂を寄せ付けない効果もあるため、予防としても使用することができます。

     

    殺虫剤が残っている間は蜂が寄ってこなくなるため、巣を作られることはほとんどありません。しかし、雨風を受けてしまうと効果が薄れていくので、定期的に吹きかけるようにしましょう。

     

     

    ●蜂捕り器の設置

    現在では蜂捕り器と呼ばれる捕獲装置が販売されています。蜂の好む成分が容器に含まれており、巣のあった場所に吊るしておくことで、成分に釣られて蜂が閉じ込められるのです。

     

    薬剤であれば効果が徐々に弱まっていくため、この蜂捕り器も設置しておくとより徹底的に予防することができるでしょう。

     

    まとめ

    今回はスプレーを使用した蜂の巣の駆除方法をご紹介してきました。巣の駆除は自分でおこなうことが可能です。しかし、危険も伴う作業であるということを十分に理解しておいてください。

     

    まずは蜂の種類を見分け、しっかりと正しい手順で駆除をおこなうようにしましょう。せっかく駆除したのですから、今後同じ被害に遭わないためにもしっかりと対策を施しておくとよいです。自分での作業が難しいと感じた場合は、プロにまかせるようにしてください。それが一番安心できる方法になります。

    ツマアカスズメバチの特徴とは?その危険性と広がる被害

    住所

    ツマアカスズメバチの特徴とは?その危険性と広がる被害

     

    ツマアカスズメバチというハチの存在をご存じでしょうか?日本ではあまり見ることもないため、私たちにとって身近なハチではないかもしれませんがとても危険なハチです。すでに世界では多くの被害が発生しています。

     

    今回はツマアカスズメバチの特徴をご紹介します。及ぼす被害もさまざまで、日本でも対馬を中心に被害が発生しています。現時点では生息地域も狭いですが、今後日本で被害が増える可能性もあります。特徴や危険性を理解しておくことで、見かけた際の正しい対処法を知ることができるでしょう。

     

    ツマアカスズメバチの特徴

    ツマアカスズメバチはインドネシア原産のハチです。しかし近年では生息地が拡大し、アジアやヨーロッパでも見かけることが増えてきました。働きバチの体長は約2cmで、女王バチの体長は約3cm程です。全体的に黒っぽい見た目をしていますが、腹部の先端のみ赤みを帯びているのが特徴的です。

     

    成虫は主に花の蜜や樹液を好むため、花や木があればそこに寄っていきます。しかし幼虫は肉食であるため、ハエやミツバチなど他の昆虫を食べて育ちます。成虫が花や木に寄っていくのは他の昆虫を捕獲する目的もあるのです。

     

    とても攻撃性が高いため、危険なハチとしても認知されています。攻撃対象を見つけると執拗に追い回し、襲撃してくるほどです。人間も被害を受けており、死者が出たケースもあるため注意しなくてはいけません。

     

    日本で見られるツマアカスズメバチは大人しい部類に分けられるそうです。しかしとても危険なハチであることは変わらないので、むやみに近付かないようにしましょう。

     

    ツマアカスズメバチによる被害

    ツマアカスズメバチによる被害

     

    ツマアカスズメバチが増加することで人への被害が増えるだけでなく、生態系へも影響を与えます。エサとして他のハチや昆虫を捕食するさいに他のハチを襲うことで、在来種のスズメバチよりも生息数が上回ってしまうのです。

     

    韓国ではすでにこのような現象が発生しており、生態系のバランスが崩れつつあります。日本でも小型のキイロスズメバチが多く生息している地域では、とくに生息数が増加しやすいため注意しなくてはいけません。

     

    他にも養蜂業や農林業へ被害が及ぶ可能性があります。幼虫はミツバチを好むため、生息数が増えてしまうと相対的にミツバチが減少してしまうのです。ある地域では、年に10箱以上の巣箱が襲われ全滅させられたと言います。

     

    ミツバチが減少することで養蜂業へ影響を及ぼしますが、農林業への被害にも注意しなくてはいけません。農作物のなかにはミツバチの受粉を利用しているものがあります。カボチャやキュウリ、イチゴなどが主な例です。

     

    ミツバチが減少してしまうと受粉作業を人の手でおこなう必要があるため、手間が増えてしまいます。効率性だけでなく、品質も落ちる可能性があるため、このまま被害を見逃すことができません。

     

    もちろん人への直接的な被害もあります。ツマアカスズメバチによる刺傷被害は多く報告されており、死者が出たケースもあるのです。攻撃対象を執拗に追い回す習性があるため、逃げることも困難になります。万が一見かけてしまった場合が近付かず、静かに距離を離すようにしましょう。刺されるととても危険なハチであるため注意が必要です。

     

    日本での被害が増える可能性は?

    日本で被害を受けているのは、現時点では対馬を中心とした九州地方のみと言われています。しかし、世界では生息地域が広がりつつあるため、日本も注意しなくてはいけません。対馬で最初に確認されたツマアカスズメバチは、一年程で島の北部から南部にまで生息地域を広げたと言います。

     

    日本ではこれ以上被害を増やさないよう、調査や対処法の研究をおこなっている段階です。現時点での対策は、これ以上侵入を許さないことと、発見したらすぐに駆除し、拡大を未然に防ぐというものです。生息域の拡大も早いため、早急に駆除することが重要なポイントになります。

     

    もし個人で見かけた場合は役所や業者に依頼し、駆除してもらうようにしましょう。日本全域に被害が広がらないよう、一人一人が強い認識を持っておくことが大切です。

     

    ツマアカスズメバチを駆除するには効果的な罠がある?

    ツマアカスズメバチを駆除するには効果的な罠がある?

     

    ツマアカスズメバチに、刺激を与えてしまうのはとても危険です。特定外来生物として指定されているため、発見でき次第役所に報告するのが一般的ですが、駆除に効果的な罠もあるのです。

     

    それは乳酸菌飲料が入ったペットボトルの使用です。2リットルのペットボトルに発酵させた乳酸菌飲料を入れておき、ハチが入ることのできるよう切り込みを入れておきます。切り込みから発せられるニオイに誘われ、ペットボトル内に入り、ボトル内で溺死するのです。

     

    この罠はとても効果的で、対馬に3ヵ月間1400個程の罠を仕掛けたところ、約1600匹もの女王蜂を捕獲できたそうです。罠を効果的に使用することで被害の拡大を防ぐことができるでしょう。

     

    まとめ

    ツマアカスズメバチは攻撃性が高いためとても危険なハチです。攻撃対象として見られた場合は逃げることが困難になるため、近付かないようにすることが最も重要になります。養蜂業や農林業だけでなく、他の昆虫の生態系にも悪影響を及ぼすため、生息数がこれ以上増加するのは危険なことです。

     

    生息地域の拡大スピードが早いというのも厄介なポイントになります。日本での被害はまだあまり広がっていませんが、今後はどうなるのか分かりません。

     

    しかし、私たちが特徴や習性を知っておくことで、確認でき次第駆除を依頼することができます。このまま野放しにしていると被害は増加する一方であるため、見かけた際に素早く対処できるよう、知識として覚えておくようにしましょう。

     

    自力での駆除

    住所

    ご自宅にハチの巣ができしまった場合、自力でそれを駆除しようとする方もいるのではないでしょうか。
    しかし、それは本当に正しい方法なのか。ハチの巣の駆除にはどのようなアイテムが必要なのか。ここではハチの巣の駆除に対する準備物をご紹介します。
    ハチの巣駆除でまず大事なのは防護服です。専用の防具服があるのとないのとでは安心感が違いますし、ハチに刺される危険性が格段に減少します。色はハチを刺激しないように白で統一されています。
    次に殺虫剤。巣に近づいた際に、襲われる危険性を回避するためにも必ず用意してください。効果的なのは「ピレスロイド系」の成分が含まれているものとされています。少し離れた位置から巣に向かって大体60秒ほど噴射し続けてください。その際に残量にも気を配る必要もあります。
    続いて長い棒。素手でハチの巣を触るのは危険ですしハチが一番密集する箇所ですので、これは近づかずにハチの巣を落とすために使用します。
    最後にごみ袋と補虫網です。落としたハチの巣は最後ごみ袋に入れて処理します。また捕虫網があれば、近づくのを避けてごみ袋に入れられるため便利です。
    などと、ここまで自力でハチの巣を駆除するための方法を紹介しましたが、その際に最も大事なのが、無理をしないことです。
    自力で駆除する場合にはどうしても刺される危険性があります。
    これはもう無理だと限界を感じた方は、無理せずハチ駆除を行っている業者に依頼するのがおすすめです。
    またその際は当サイトをご利用してみてはいかがでしょうか。

    ハチに刺されないために

    住所

    近年では、異常な雨や猛暑によってハチの生息地域が広まっています。どの時期が特に活発になるのか、ハチが近くによってきた場合に刺されないようにする対策、退治方法は知っておいて損はないでしょう。

    主にハチは春から秋にかけて活動をする生き物ですが、特に凶暴になる時期は秋だと言われています。秋は女王バチが出産時期に入るので周りのハチが女王バチを守るために警戒心がとても高まるからです。実際にハチによる被害も秋が多く、特に外部からの刺激にとても敏感になると言われているので近づかないようにしましょう。

    次にハチに遭遇したときの対処方法を紹介させて頂きます。近くにハチが現れたときは、慌てずに身をかがめてから落ち着いて逃げることが良いと言われています。他にも、ハチの視覚には上下が見えにくい性質を持っているので、体を下にかがむことで見失わせることができます。万が一見つかってしまっても、ゆっくりと体を動かすことで警戒心を薄めることができる可能性があります。しかし逆を言えば、ハチを遭遇したときに慌てて逃げる行為は大変危険なので落ち着いて行動することを心がけましょう。他にもハチは音に敏感な性質を持っているとされているので、悲鳴をあげたり騒いだりしないように注意が必要です。

    ハチの数が増えている現状に伴い、営巣被害も同時に増えています。ハチは大変危険な生き物ですので自分ひとりでなんとかしようとせず、ハチ駆除のプロにお願いするようにしましょう。

    人体に害を及ぼす蜂とは

    住所

    蜂の巣が家の近くにできてしまったら、刺されるかもしれないと危険を感じると思います。蜂の巣を駆除することが一番ですが、自分で駆除するのは大変危険です。
    危険を回避するために、危険な蜂の特徴を知っておくといいかもしれません。
    蜂には、腰にくびれのない広腰亜目と、それが発展した腰にくびれのある細腰亜目の2種類がいると言われています。その中で人間を刺す恐れがあるのは細腰亜目の雌だけなのです。そして細腰亜目の中でも単独行動の蜂と、集団行動の蜂がいます。人体への被害は後者の方が大きいとされています。蜂の巣に近づくと、巣を守ろうとして集団蜂が自衛のために攻撃してくることが多いようです。その点、単独行動の蜂はこちらから何か仕掛けることがない限り、襲ってくることはないと言われています。
    スズメバチは、私たちのよく知る危険な蜂ではないでしょうか。繁殖のピークである夏から秋にかけて凶暴性が増す恐れがあります。特にキイロスズメバチは、凶暴性が高いため大変危険です。
    スズメバチの巣に意識的に近づいてなくても、匂いや、奇抜な服の色に反応して襲ってくる場合があります。
    スズメバチの他にも、アシナガバチやミツバチなどがいて、凶暴性はスズメバチにはおとりますが、すぐに駆除が必要です。
    上記より蜂の巣に近づくこと自体が危険なので、蜂の巣の駆除に困ったときは当サイトを是非ご利用下さい。

    活動時期だからこそ

    住所

    残暑が残る季節ですが、実は、現在ハチの活動時期の真最中です。スズメバチは大きく春から秋にかけて活動します。
    そのなかでも、攻撃的になる時期は種類別に見ると、オオスズメバチは8月から10月、キイロスズメバチは7月から10月、ヒメスズメバチは8月から9月、コガタスズメバチは7月から10月、モンスズメバチは7月から8月です。9月に入ったばかりの現在、まだまだ油断できません。

    スズメバチのほかにもアシナガバチの被害は多くあります。アシナガバチはスズメバチに比べ凶暴性は劣るものの、民家や都市部に多く巣をつくるため危険です。その活動期間はスズメバチに同じく春から秋にかけてで、攻撃性が高まるのが7月から8月下旬にかけてだといわれています。

    季節の変わり目に秋に向けてお庭のお手入れなどをされる方もいらっしゃると思いますが、その前に早めの駆除をおすすめします。放置しておくと、巣はどんどん大きくなってしまいますし、新しい女王バチは越冬しますので、これから被害を拡大させないためにもハチの巣自体を退治しておくと安心です。スズメバチ、アシナガバチ、の活動時期を踏まえてこの季節にハチ駆除のプロにおまかせしてはいかがでしょうか。

    キイロスズメバチのおそろしさ

    住所

    攻撃的な気性で知られるスズメバチ。日本には3属16種が生息しているといわれます。そしてそのなかでもオオスズメバチとならんで人身事故が多いとされるのが、キイロスズメバチです。<br>
    キイロスズメバチは比較的小型のハチといわれますが、攻撃性はオオスズメバチに並ぶほど非常に高く、スズメバチ類の刺傷事故はこの種による仕業がもっとも多いとされています。体にある縞模様の中で黄色の部位が広く、全身が毛でおおわれている点で、ほかの種のスズメバチと区別ができます。<br>
    木のウロや枝、民家の軒下や天井裏、床下まで、多様な場所に巣をつくり、近くを通っただけで攻撃されることもあるといいます。スズメバチの中では最小種とのことですが、巣の大きさは日本産スズメバチの最大と謳われています。<br>
    活動期は主に5~10月で、交尾の時期をむかえるとさらに攻撃性が増し、巣に気づかないまま迂闊に近づけば大群に集中攻撃されることもあるといいます。刺された結果「アナフィラキシーショック」と呼ばれるアレルギー性ショックが起こり、死に至るケースも稀ではありません。<br>
    民家などあちこちに巣をつくり、少し近づいただけで容赦なく襲い掛かってくる危険性のあるキイロスズメバチ。万一巣を発見した場合は、ハチ駆除のプロに頼るのが賢明でしょう。

    スズメバチの注意点

    住所

    家の周りでスズメバチが飛んでいると、外出する際玄関のドアを開けるのがとても怖いと思います。
    スズメバチの攻撃対象は、一般的に3つあると言われています。幼虫を食べてしまう昆虫、自分たちの餌場を荒らす存在、巣に危害を加えようとする外敵です。人がスズメバチに刺されてしまうのは、餌場に入ってしまう、巣に近づいてしまい、敵と思われてしまうからではないでしょうか。スズメバチは巣の周り、約10メートル以内に近づくと、警戒し襲い掛かってくると言われています。ときには、それよりも広範囲に渡って攻撃してくる可能性が大いにありますので注意が必要です。もし巣を発見したとき、、スズメバチと遭遇したときなどは、近づかないほうがよいでしょう。
    スズメバチの視力についても理解が必要です。スズメバチは、黒や赤、青といったような濃い色に攻撃してくることが多いです。また、香水、汗など臭いを発するものに反応して攻撃してくることもあります。山の中などは、スズメバチがどこに潜んでいるかわからないため、服装、匂いにも気をつけましょう。
    もしスズメバチの被害にお困りの方がいましたら、、当サイトまで、ハチ駆除のご相談をください。

    よく見るアシナガバチの生態と危険性

    住所

    私たちが生活していてよく見るハチの代表といってもいいアシナガバチですが、その毒はスズメバチに匹敵するといわれています。一般的に動きが遅く攻撃性が低く巣を守るとき以外ではよほど攻撃はしてこないといわれています。巣は大きさ15㎝ほどで色は灰色系、形は蓮の実のような形をしています。人家の目立たないところに巣を作るので気づくのが遅れてハチの巣の駆除が遅れてしまうこともしばしばあるようです。もしアシナガバチが家の屋根などに巣を作ってしまったときはむやみに巣を落とそうとすると大人しいアシナガバチも集団で攻撃してくることがあるので危険です。またアシナガバチの巣はスズメバチの巣よりも強度が高く、棒で突く程度では落ちないといわれています。もし夏終わりごろに巣を発見した場合、翌年も引き続き使うことはほとんどないといわれているので10月頃から11月終わりには巣からいなくなると、いわれているため放置しておくのも一つの手だと思います。主な活動時期は夏ですが冬越し前の10月頃や冬越し後の3月頃に外干しの洗濯物に女王蜂紛れたりすることがあったりと、夏以外にも現れる場合があるのでハチに対しての注意を怠らないようにしたいですね。

    無料相談専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-949-892
    このページのトップに戻る
    情報漏洩対策処理対応万全